できるだけ歯を抜かない・削らない治療|広島県福山市の歯医者

診療時間
  • 0849231983

    まつやま歯科医院Instagram

    まつやま歯科医院facebook

  • お問い合わせ

できるだけ歯を抜かない・削らない治療

マイクロスコープにより最小限の侵襲を

当院では、歯をなるべく削らない・抜かない治療を徹底しています。
以前の歯科治療は虫歯が進行すると大きく削ったり、抜いたりしてしまうことがありました。虫歯は細菌が原因なので徹底的に除去しないと、再発の恐れがあったためです。しかし歯は削れば削るほど寿命が短くなってしまいます。もし神経を抜いたり、抜歯したりすると将来の健康に大きな影響を及ぼします。そこで当院では歯を削る量を最小限に抑えるために、肉眼の数倍から20倍にまで拡大できるマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を導入しています。

マイクロスコープとは?

虫歯と聞くと「黒くなった状態」をイメージされる患者さんも多いかもしれません。
しかし、初期の虫歯は白濁している程度の変色なので、レントゲンや肉眼で発見するのは非常に困難です。そこでマイクロスコープの出番です。治療部位を数倍~20倍まで拡大することで、虫歯を早期に発見し、本当に必要な部分のみを最小限削ることができるようになりました。
また、歯の根(根管)にまで細菌が侵入した場合も、暗く複雑な根管内の治療を丁寧に進められます。従来ならば「歯の神経を抜かなければいけない」「抜歯しなければならない」といったケースでも歯を残せる期待が持てます。

このような方にマイクロスコープの治療はおすすめです

当院のマイクロスコープ治療のメリット

幅広い分野で精密治療が可能
マイクロスコープがあれば、歯の色の微妙な変化や、細かなヒビなどを発見できる確率が高まります。そのため、マイクロスコープは主に初期虫歯の診断、根管治療に使われてきました。当院では、「スケーリング&ルートプレーニング」といった歯周病治療にも応用。歯周ポケットの中の歯垢や歯石を丁寧に取り除き、治療効果を高めています。
カリーナシステムによる録画・撮影機能
マイクロスコープは、拡大した映像を録画したり、撮影したりすることも可能です。治療内容がはっきりとわかるので、その場でどのような治療をしたのか患者さんにわかりやすく伝えられます。つまり、ごまかしが効きません。実際にマイクロスコープを使った映像をお見せすると、「こんなに見えるの!?」と驚く方もたくさんいらっしゃいます。
歯周病治療・メインテナンスにも応用可能
当院は、常に歯科衛生士がマイクロスコープを使用できる環境です。歯と歯茎の間や隙間など、細かな部分も確認できるので、歯周病治療や精密なクリーニングに高い効果を発揮しています。またマイクロスコープに備え付けている録画システムにより「計画通りに治療が進んでいるか」「メインテナンスの経過は良好か」などもわかるため、患者さんもモチベーションを高く保って定期健診にお越しいただけます。

スタッフ一同患者さんのお口を守ることを一番に考えています

当院では3台のユニットの内、2台でマイクロスコープを利用しています。患者さんのお口の中を拝見し、必要と思われた場合、保険・保険外の区別なく全ての治療に応用しています。
また一番の強みは予防に重点を起き、歯科衛生士一人ひとりがマイクロスコープの技術研鑽に努めている点です。歯科医師と歯科衛生士が同じ視点で治療をすすめることで、常に質の高い治療を提供できるよう心がけています。
スタッフ一同患者さんの歯を一本でも多く残す治療を精一杯追求いたします。「現在の医院の診療方針に疑問がある」「予防を重視した治療を行いたい」とお考えの方は是非一度ご相談ください。

設備紹介

お気軽に何でもご相談下さい。

まつやま歯科医院

まつやま歯科医院

診療時間 9:00~13:00/14:30~18:30

ページトップへ戻る